創業90年(株)来住野工務店 工事経歴


O様邸

キーワード 南欧風・陰影、半円形吹き抜け、犬と暮らす  竣工年月 2008年4月
内容

緑深い土地に現れる白亜の家。太陽の光を一身に受け、日差しが作り出すコントラストが非常に美しい。
お施主様との協議を重ね、イメージを形にすることが出来ました。

主役は半円形の吹き抜けのあるリビングルーム。天井まで続4本のくスリット型開口部からの温かい日差しは、時間とともにそのシルエットを変えながら部屋一面を照らしています。
床面は床暖房を備えたテラコッタタイルが敷き詰められ、傷や汚れを気にせずに室内で犬と過ごすことが出来ます。
また、「壁で空間を分断したくないが、境界は欲しい」という要望がリビングルームのそれでした。
これに対しては、リビングとダイニングとの間に高低差を与えて用途の違いを明示することで、同じ空間でありながらそこに小さな境界を作り出すということで解決。玄関ホールとの間においては天井まで続く大はめ殺しガラスを壁面とすることで、視界においての空間の連続性を持たせました。

形にこだわるばかりでなく、機能性や安全性が住宅には求められます。
安心していつまでも暮らして頂ければと願います。

所在地 埼玉県狭山市 総工事費 3328万円
家族構成 4人家族+大型犬 主要構造 木造2階建
敷地面積 1800m2 建築面積 75.03m2 延床面積 130.51m2 施工床面積 148.12m2
設計期間 4ヶ月 工事期間 6ヶ月 設計者 自社(一級建築士 来住野弘)


外観


 

 




平面図
乱形天然石敷きの玄関ポーチ



写真
造作家具(ソファー)

 

写真  1Fリビング

 

 

写真  玄関ホール

      坪庭のある浴室

平面図
半円形吹き抜け

平面図
1F和室

お施主様の感想

私達は家の新築に際しまして、第一に明るく家族の集える家、第二に冬も暖かい家、第三に露天風呂のような入浴が楽しめる家、第四に愛犬(室内犬ではありません)と同居できる家、第五に和も楽しめる家、と沢山の注文お願いしましたが、これらが実現したのも、工務店さんの注文住宅ならではのものと感じています。
また、こちらの各種要望に対しましても社長自ら親身となり、より良い素材、施工方法等を検討していただき、それぞれ希望に沿ったものになりました。
 また、設計に関しては新しい感性を生かしたハウスデザインを提案いただき、写真にあります半円形の明るいリビングが象徴的なものとなっております。
この半円形、実は正16角形の半分、つまり8つの角を持ち、ここでは下から上までの長い窓がとても明るく快適で、夜には星も見ることの出来るリビングとなりました。
このプランを実現して下さった工務店さん、職人さんの技術と技量にも感心しております。
犬との生活もうまくいき、露天風呂感覚の風呂に入るのも楽しみな日々であります。

トップページへ戻る