創業105年(株)来住野工務店 工事経歴


裏高尾庵新築工事


キーワード 陶器和瓦葺き・漆喰壁 竣工年月 2016年
内容

〈外部〉
屋根:陶器和瓦葺き。鬼瓦は瓦工房で制作したオリジナル品。入母屋造りの屋根四方は微妙にそっています。漆喰懸魚付き。
外壁:漆喰壁。割れを防止するため7工程の作業をしました。一部南京下見板押し縁仕上げとしました。
虫籠窓:むしこまどと読みます。漆喰壁で仕上げた面格子。京都の町屋建物によく見られます。
玄関床:那智石砥ぎ出しモルタル仕上げ。黒光しています。
玄関引き戸:明治時代の蔵の入口戸を加工し取付しました。
南側開口部:全開口サッシ(2本引き込み及び折り戸タイプ)を採用。小窓は木製面格子付き。
門:桧八寸角の冠木門。銅製柱頭金物。 木製同型オリジナルポスト。
〈内部〉
床:桧縁甲板張り。階段は桧無垢板。琉球フチなし畳を採用。洗面所床はコンクリート下地竹タイル貼
壁:漆喰壁。内部建具は木製無垢制作品。下駄箱は桧1枚天板付き木製造作製。玄関ホールには丸窓。
天井:和室・ホールは、あじろ格天井。居間は吹き抜け。
浴室:南窓fix全眺望窓。壁天井は、青森ひば材。  暖炉:まきストーブ。

所在地 八王子市裏高尾 総工事費 3900万円
家族構成 3人家族 主要構造 木造2階建
敷地面積 231.12m2 建築面積 64.86m2 延床面積 105.75m2 施工床面積 126.83m2
設計期間 4ヶ月 工事期間 10ヶ月 設計者 自社(一級建築士 来住野弘)

 






  
 

 

  

       

 

 

 

  

       


  
      


トップページへ戻る 前のページに戻る